e-mail  info@jive-comp.co.jp

〒455-0832 名古屋市港区宝神5-1704-701

ライセンスPURCHASE

  Windows版のアプリケーション開発時のライセンス
  Linux版のアプリケーション開発時のライセンス
  アプリケーション実行時のライセンス(ランタイムライセンス)
  ライセンスの購入例
  バージョンアップ時のライセンス

   Windows版のアプリケーション開発時のライセンス

ジャイブレポートWindows版を使用してアプリケーションを開発する時には、開発に使用するコンピュータ1台ごとに1ライセンスが必要です。

ネットワーク上でファイルを共有できるコンピュータにジャイブレポートWindows版をインストールし、そのコンピュータから複数のコンピュータの一時メモリにジャイブレポートWindows版を読み込み使用する場合には、 それらの複数のコンピュータで、ジャイブレポートWindows版が同時に使用されることがなくとも、それらの各1台ごとに1ライセンスが必要です。

開発とは、レポートエディタを使ってのフォーム作成やランタイム製品を使ってのプログラミングだけではなく、 コンパイル、リンク、デバッグなどのアプリケーションを作成する際に発生する作業全般を指します。 ランタイム製品をコンパイル、リンク、デバッグのみに使用し、コードを記述するなどの直接的な使用がない場合でも、ライセンスが必要です。

購入後に使用台数が増えた時は、増えた台数分のライセンスを追加購入してください。 所有するライセンス数は、製品購入時に入手した使用許諾契約書上部に印刷されています。

★アプリケーション開発を他社へ委託する時のライセンス

ライセンスは、開発を委託する委託元の会社ではなく、実際に開発を行う委託先の会社に必要です。委託先の開発会社はライセンスを購入してください。 委託元がライセンスを所有している場合でも、委託元のライセンスを委託先の会社へ貸し出すことはできません。 開発を委託した委託元の会社が、納品されたアプリケーションの保守やメンテナンスを行う場合には、委託元の会社にもライセンスが必要です。 委託先のライセンスを委託元へ貸し出すことはできません。

★開発者の出向や派遣時のライセンス

出向先や派遣先の会社がライセンスを持っている場合、出向または派遣された開発者は、 出向先や派遣先の会社で製品を使うことができます。 出向先や派遣先の会社がライセンスを持っていない場合、出向または派遣された開発者は、 出向元や派遣元の会社がライセンスを持っていても、 あるいは、出向または派遣された開発者自身がライセンスを持っていても、 出向先や派遣先の会社で製品を使うことはできません。

    Linux版のアプリケーション開発時のライセンス

ジャイブレポートLinux版でアプリケーションを開発する時には、ジャイブレポートLinux版を使用するユーザー1人ごとに1ライセンスが必要です。

ジャイブレポートLinux版の使用は、ユーザー1人につき、Linuxの環境を持つコンピュータ1台とWindowsの環境を持つコンピュータ1台に対して許諾されます。 ユーザーが、ジャイブレポートLinux版をLinux環境のコンピュータ、または、Windows環境のコンピュータのどちらか一方のみの1台で使用する場合でも、そのユーザー1人につき1ライセンスが必要です。

開発とは、レポートエディタを使ってのフォーム作成やレポートライブラリを使ってのプログラミングだけではなく、 コンパイル、リンク、デバッグなどのアプリケーションを作成する際に発生する作業全般を指します。 レポートライブラリをコンパイル、リンク、デバッグのみに使用し、コードを記述するなどの直接的な使用がない場合でも、それを行うユーザーには、1人につき1ライセンスが必要です。

購入後に使用人数が増えた時は、増えた人数分のライセンスを追加購入してください。 所有するライセンス数は、製品購入時に入手した使用許諾契約書上部に印刷されています。

★アプリケーション開発を他社へ委託する時のライセンス

ライセンスは、開発を委託する委託元の会社ではなく、実際に開発を行う委託先の会社に必要です。委託先の開発会社はライセンスを購入してください。 委託元がライセンスを所有している場合でも、委託元のライセンスを委託先の会社へ貸し出すことはできません。 開発を委託した委託元の会社が、納品されたアプリケーションの保守やメンテナンスを行う場合には、委託元の会社にもライセンスが必要です。 委託先のライセンスを委託元へ貸し出すことはできません。

★開発者の出向や派遣時のライセンス

出向先や派遣先の会社がライセンスを持っている場合、出向または派遣された開発者は、 出向先や派遣先の会社で製品を使うことができます。 出向先や派遣先の会社がライセンスを持っていない場合、出向または派遣された開発者は、 出向元や派遣元の会社がライセンスを持っていても、 あるいは、出向または派遣された開発者自身がライセンスを持っていても、 出向先や派遣先の会社で製品を使うことはできません。

 &   ライセンス購入例

  • ジャイブレポートWindows版

    例 1)
    2台のPCにジャイブレポートをインストールして、レポートエディタでフォームを作成し、 同じ2台のPCで、レポートライブラリなどのランタイム製品を使いアプリケーションを開発する場合には、2ライセンス必要です。

    例 2)
    1台のPCにジャイブレポートをインストールして、レポートエディタでフォームを作成し、 別の10台のPCで、レポートライブラリなどのランタイム製品を使いアプリケーションを開発する場合には、11ライセンス必要です。

    例 3)
    10人のメンバーから成る開発グループが、各々1台のPCを使いアプリケーションを開発する時、 1人のメンバーが、レポートライブラリなどのランタイム製品を使うコーディングとデバッグを担当し、 残り9人のメンバーが、ランタイム製品が含まれたアプリケーションをビルドする場合には、10ライセンス必要です。

    例 4)
    PC1台にジャイブレポートをインストールし、そのPCとネットワーク上で繋がっている別の10台のPCで レポートエディタやレポートライブラリなどをメモリに読み込み使用する場合には、11ライセンス必要です。

  • ジャイブレポートLinux版

    例 1)
    1人の開発者が、Windows環境のPC1台にレポートエディタをインストールしてフォームを作成し、Linux環境のPC1台にレポートライブラリをインストールしてアプリケーションを開発する場合には、1ライセンス必要です。

    例 2)
    1人の開発者(A)が、Windows環境のPC1台にレポートエディタをインストールしてフォームを作成し、Linux環境のPC1台にレポートライブラリをインストールしてアプリケーションを開発している状況で、 Aとは別の開発者1人が、Linux環境のPC1台で、レポートライブラリが使われているアプリケーションをビルドする場合には、2ライセンス必要です。

    例 3)
    1人の開発者(A)が、Windows環境のPC1台にレポートエディタをインストールしてフォームを作成し、 Aとは別の5人の開発者が、5台以下のLinux環境のPCで、レポートライブラリを使いアプリケーションを開発する場合には、6ライセンス必要です。 この時、Linux環境のPCが、5台未満(1台〜4台)の場合でも、6ライセンス必要です。


 &   アプリケーション実行時のライセンス

ジャイブレポートを使用したアプリケーションを実行環境へ配布する時には、使用許諾契約書に記載されているランタイム製品の中から、アプリケーションが使用したランタイム製品をアプリケーションと一緒に、 使用許諾契約書に従って配布することができます。 その時に配布するランタイム製品のランタイムライセンスは、ライセンスを所有する会社のユーザー登録が完了した時点でフリー(無料)となります。

  1. 2011年11月1日以降にご購入の製品では、ランタイムライセンスは、ライセンスを所有する会社のユーザー登録完了後にフリーとなります。
  2. 再利用可能なコンポーネント(ActiveXコントロール、DLLなど)として作成したソフトウェアにランタイム製品を組み込んだ場合には、 そのソフトウェアを配布する時のライセンスは「実行時のライセンス」ではなく「開発時のライセンス」の扱いとなります。 そのソフトウェアを配布する時には、配布数と同じ数のライセンスの購入が必要です。
  3. 使用許諾契約書記載のランタイム製品は、必ず、ランタイム製品を使用したアプリケーションと一緒に配布します。単体での配布はできません。
  4. レポートエディタを配布することはできません。レポートエディタは使用するコンピュータごとにライセンスが必要です。
  5. ジャイブレポートWindows版のパーソナル(X86)・パーソナル版・標準版にはランタイム製品は含まれていません。


   バージョンアップ時のライセンス

弊社提供のバージョンアップサービスを利用して製品をバージョンアップした場合、 今まで使っていたバージョン(以下旧バージョンと言います)のライセンスは、バージョンアップ後のバージョン(以下新バージョンと言います)へ移動します。
バージョンアップサービスでは、新バージョンのライセンスが新たに追加される訳ではありません。
バージョンアップサービス後には、新バージョンの使用権を取得すると共に、旧バージョンの使用権を失います。ご注意ください。

  1. バージョンアップサービスを利用すると、旧バージョンのライセンスがなくなるため、旧バージョンを使用することができなくなります。
    ジャイブレポートを使ったアプリケーションの保守やメンテナンスには、レポートライブラリやプレビューコントロールなどのランタイム製品が必要となりますが、 これらの作業には、旧バージョンのライセンスが必要です。
    ジャイブレポートのコードを記述するなどの直接的な使用がなく、ジャイブレポートをコンパイル、リンク、デバックのみに使用する場合でも、 旧バージョンのライセンスが必要です。
    フォームファイルの仕様変更などでレポートエディタを使う場合も旧バージョンのライセンスが必要です。
    このような作業が発生する場合には、バージョンアップサービスを利用できません。

  2. 複数ライセンスを所有している場合、所有するライセンス数より少ない数のライセンスにバージョンアップすると、残りのライセンスは消滅します。 ライセンスを新旧両バージョン間で分割して所有することはできません。

  3. 所有するグレードより下位のグレードへバージョンアップした場合、元のグレードへ戻る時にはアップグレード料金が必要となります。

バナースペース

株式会社ジャイブコンピュータ

〒455-0832
名古屋市港区宝神5-1704-701

TEL 052-389-1277
FAX 052-389-1278
E-mail お問い合わせ