e-mail  info@jive-comp.co.jp

〒455-0832 名古屋市港区宝神5-1704-701

よくある質問と回答JIVEREPORT Windows

印刷やプリンタ

プリンタに関するトラブルは、プリンタメーカーから最新のプリンタドライバを入手することで解決することがあります。

・ジャイブレポートが対応しているプリンタは何ですか。
・プログラム中からプリンタドライバをコントロールできますか。
・印刷時にプログラムからプリンタの用紙トレイを設定できますか。
・特殊な専用帳票に印刷したいが、不定形用紙の印刷はできますか。
・OSを変更したところ、用紙設定がうまくいかなくなりました。
・「スプール用ディスク不足」「スプール用メモリ不足」のエラーが発生します。
・ドットプリンタを使って連続用紙(11×15インチ)に印刷できますか。
・レポートエディタで連続用紙に印刷すると、各ページの下部が印刷されません。
・プリンタの機種により印字範囲の違い等は生じるのでしょうか。
・複数のフォームを一枚の用紙(物理的な紙一枚)に印刷できますか。
・プリンタドライバの永久設定ができません。(WindowsNT系のOS)
・指定したフォントサイズで印刷されません。
・イメージを透過にしているが、プリンタによって透過にならない場合があります。
・プリントダイアログで設定した内容を2回目以降の印刷で再利用できますか。

ジャイブレポートが対応しているプリンタは何ですか。
Windows対応のプリンタドライバが用意されているプリンタであれば、ジャイブレポートから印刷することができます。

プログラム中からプリンタドライバをコントロールできますか。
jvSetDevMode関数やPrinterDevModeプロパティを使ってプリンタドライバをコントロールすることができます。使い方はヘルプを参照してください。

印刷時にプログラムからプリンタの用紙トレイを設定できますか。
jvSetDevMode関数やPrinterDevModeプロパティを使って、印刷時にプリンタドライバのプロパティを設定することができます。 プロパティの設定には、プリンタドライバ情報値やプリンタドライバ情報ファイルを使います。 詳しくは、「ヘルプ/付録/プリンタドライバの設定」をご覧ください。

特殊な専用帳票に印刷したいが、不定形用紙の印刷はできますか。
ジャイブレポートは不定形用紙の印刷も行えます。
  1.レポートエディタの環境設定画面で不定形用紙を作成し、フォームを設計します。
  2.印刷するPCで不定形用紙を作成し、作成した不定形用紙のプリンタドライバ情報を取得します。
  3.取得したプリンタドライバ情報をレポートライブラリに渡して、印刷を実行します。
印刷はWindowsのプリンタドライバで行うため、不定形用紙に対応していないプリンタドライバでは印刷できません。 詳しくは、「ヘルプ/アプリケーション開発/不定形用紙印刷印刷アプリケーション」をご覧ください。

OSを変更したところ、用紙設定がうまくいかなくなりました。
OSが変わるとプリンタドライバが変わるため、プリンタドライバ情報の値も変わることがあります。 jvSetDevMode関数やPrinterDevModeプロパティでプリンタドライバ情報を設定している場合は、プリンタドライバ情報の再取得が必要です。 何も設定していない場合、新しいOSではjvSetDevMode関数やPrinterDevModeプロパティによる設定が必要なようです。ヘルプを参照して設定を行ってください。

「スプール用ディスク不足」「スプール用メモリ不足」のエラーが発生します。
コントロールパネルのプリンタのプロパティで、スプールに関する設定を行うことができます。 全ページ分のデータをスプールしない設定にすることで回避できる場合があります。

ドットプリンタを使って連続用紙(11×15インチ)に印刷できますか。
使用するプリンタのプリンタドライバが連続用紙に対応していれば印刷可能です。

レポートエディタで連続用紙に印刷すると、各ページの下部が印刷されません。
プリンタには印字領域があるため、ページの端までオブジェクトを描画すると、印字領域外となり印刷されないことがあります。 印字領域はプリンタによって異なります。複数のプリンタで使用するフォームは、ページの端に余裕を持った設計が必要です。

プリンタの機種により印字範囲の違い等は生じるのでしょうか。
プリンタの機種により印字範囲や網掛けパターン等に違いが起こることがあります。 使用するプリンタごとに確認が必要です。

複数のフォームを一枚の用紙(物理的な紙一枚)に印刷できますか。
フォームのマージンを調整して、左右や上下にフォームを配置し、印刷することができます。 レポートライブラリDLLでは、jvSetForm関数でマージンを調整することができます。 レポートライブラリOCXでは、上下左右のマージンを調整するプロパティがあります。

プリンタドライバの永久設定ができません。(WindowsNT系のOS)
WindowsNT系のOS では、管理者以外の権限でログオンした場合には「永久設定」を行うことができません。これはWindowsの仕様です。

指定したフォントサイズで印刷されません。
指定したフォントがプリンタフォントで、且つ、他のプリンタでは問題なく出力される場合は、問題のプリンタにそのサイズのフォントがない可能性があります。 フォントの種類やサイズをいろいろ変更して試してみてください。

イメージを透過にしているが、プリンタによって透過にならない場合があります。
ジャイブレポートでは、WindowsAPIのSetBkModeを使用して画像の透過設定を行っています。 WindowsAPIのSetBkModeに対応していないプリンタドライバでは、イメージは透過になりません。

プリントダイアログで設定した内容を2回目以降の印刷で再利用できますか。
プリントダイアログでの設定値は永久登録されないため、プリントダイアログ終了後にプリンタドライバ情報を取得しても、設定値は取得できません。
※プリンタ名称・印刷開始終了ページ・印刷部数は、プリントダイアログ終了時に取得できます。
※VisualBasic のプリントダイアログボックスでは、設定後に printer オブジェクトのプロパティで設定値を取得することができます。


バナースペース

株式会社ジャイブコンピュータ

〒455-0832
名古屋市港区宝神5-1704-701

TEL 052-389-1277
FAX 052-389-1278
E-mail お問い合わせ